キリマファイル

備忘録的に楽しくコンテンツを紹介するだけの暢気なブログです

MENU

【俺ガイル 完】『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』第8話の感想&考察!比企谷が見落としていること

「男の意地って言うんだ」いやぁ、熱い。第8話の冒頭、葉山と比企谷が語り合う場面で出てきたセリフですが、本当に熱い、漢気の世界みたいになってきました。比企谷って、表面的にはクールな人間ですけど、内面は人一倍情に厚いところがありますよね。人前で…

【俺ガイル 完】『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』第7話の感想&考察!比企谷と雪乃に共通するボーダーとは?マックスコーヒーの意味とは?

「総武高校プロムサイコウプロジェクト」プロム企画の名前も決まり、比企谷が本格的に動き始めましたね。それにしても、この材木座先生が命名した名前……比企谷も言っていましたが、なかなかにいい感じですね。「最高」と「再興」と「再考」を掛けている感じ…

【俺ガイル 完】『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』第6話の感想&考察!人間関係とプロム企画による二重のサスペンス構造

材木座先生の登場が印象的だった第6話。今回は比企谷が考えるプロム企画の概要が見えてきた回でしたね。ここでは、そのプロム企画が今後どうなるのかについての考察と、これまでのストーリー構造について少し振り返って考えてみようと思います。それでは、ネ…

【俺ガイル 完】『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』第5話の感想&考察!「人」は支え合うものではなく、向き合うもの

「これで最後だから。これでちゃんと終わりにできる」雪乃の意味深なセリフが放たれた『俺ガイル 完』第5話。この言葉の意味を考えると、なかなかに切なくなりますね。比企谷との対決を決意したあとに、このセリフが出てくることを考えると、「これで最後」…

【俺ガイル 完】『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』第4話の感想&考察!比企谷八幡の〝本物〟が見えた〝3つ〟の瞬間と「共依存」から見えたヒロイズムへのアンチテーゼ

「共依存って言うのよ」 今回もまた、雪ノ下陽乃の強烈な一撃が、さく裂しましたね。陽乃の言葉は、単なる毒舌ではなく、本質を突いているので、さすがの比企谷も苦しくなってしまう。分かっているけれど、口に出さずにいた、言語化せずにいたものを、陽乃は…

【俺ガイル 完】『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』第3話の感想&考察!一色いろはの「反・お兄ちゃん理論」と雪ノ下家の恐るべき遺伝

「なるほど、これがプロム。まあ、ノリだけはなんとなくわかった。……やっぱ合わねーわ」第2話の雪ノ下陽乃(ゆきのしたはるの)の予言が見事に的中しましたね。「予言しよう。君は、酔えない」とは、なるほど、こういうことだったんですね。前回の記事でも触れ…

【俺ガイル 完】『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』第2話の感想&考察!「君は、酔えない」の意味を考えてみた。

『今日まで、その鍵には一度も触れたことがない。』これは第2話のタイトルですが、ついに、結衣はとんでもない〝鍵〟を見つけてしまいましたね。まさか、雪乃が、比企谷と一緒に写った写真を隠し持っていたとは……。しかも、その写真を枕元に隠していたとは………

【俺ガイル 完】『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』第1話の感想&考察!ラブコメ×純文学の傑作が帰ってきた!雪乃の葛藤、小町の受験など、初回からてんこ盛りだった件について!

「本当は冷たくて残酷な悲しいだけの本物なんて欲しくはないのだから」という比企谷の詩的な、そして文学的なモノローグから、ついにスタートした『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』。 『俺ガイル』と言えば、この比企谷の独特なモノローグが印…

映画『PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR』の感想&考察!「与えられる選択肢」と「見い出す選択肢」について

3月27日(金)から劇場公開及び、Amazon Prime Videoでの配信がスタートした『PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR』。昨今の新型肺炎の影響もあって、映画館ではなく私はAmazon Primeで視聴したのですが、これが思いのほか面白かったですね。理由の1つ…

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』第8話(最終回)の感想&考察!〝サイコパスらしさ〟とは何か?を再考する。

最近忙しくてなかなか観る時間が取れませんでしたが、ようやく『PSYCHO-PASS サイコパス 3(以下、「サイコパス3」と表記)』を最後まで鑑賞することができました! まぁ、最後とはいっても、劇場版がありますから、物語自体はここからが佳境といった感じです…

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』第7話の感想&考察!第5話~第7話のプロットをまとめてみた!視聴者を欺く〝計画の二重構造〟について

ここでは、ようやく見えたプロットの全体像を概観しながら、どのようにして第5話~第7話の緻密な構成が可能になったのか、その点に迫れればいいなと思います。「第5話~第7話の簡易的なプロット」や、「第5話~第7話の構造をマネしてミステリーを作る際の手…

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』第6話の感想&考察!ミスリードの宝庫だった第5話~第6話の構造を徹底解剖!

第6話を観て改めて思いましたが、『PSYCHO-PASS サイコパス 3』は、やはり脚本の構造が面白いですね。 ということで、今回も話の構造を解剖して、どのように観客を驚かせているのか、その仕組みについて語ってみようと思います。 特に、今回はミスリードが実…

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』第5話の感想&考察!サスペンスが光った第5話!公安局のキツネは誰なのか?

「はい、小畑ちゃん。出島のお土産~」 という梓澤の言葉をはじめ、第5話には「出島」というワードが何度も出てきました。シスター・テレーザが代表を務める正道協会(CRP)も、もとは出島で設立されたもの。慎導灼の父・慎導篤志もシビュラ輸出のために出島で…

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』第4話の感想&考察!サイコパス3のプロットは応用できる!話の骨組みを見てみよう!

「システムがすべてじゃない」 第1期のときからテーマとして設定されている「人間の意志」ですが、『PSYCHO-PASS サイコパス 3』でも、きっちりと描かれていましたね。特に第4話は、テーマ回でした。 システムを利用しつつも自分の意志を重視する灼と炯、言…

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』第3話の感想&考察!主犯は梓澤で確定か!?そして、ビフロストの拠点も明らかに!?

「つまり慎導監視官の父親は、イグナトフ監視官の兄を殺して自殺した?」 第3話では、灼と炯の並々ならぬ関係性が明らかになりましたね。まさか、加害者の子どもと、被害者の遺族がタッグを組むなんて、誰が予想できたでしょうか。 たしかに、灼と炯の言葉の…

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』第2話の感想&考察!「雨は止んだ」って何?アハ体験の連続だった第2話の構造とは?

「雨は止んだ。灼、雨は止んだ」 さて、第2話も謎の言葉が飛び交っていましたね。「雨は止んだ」とは、一体どういう意味なのか。先に申し上げておくと、現時点で、私はこの言葉の意味を解明していません。ただ、「雨は止んだ」が出てきた状況から考えて、私…

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』第1話の感想&考察!シリーズ構成・冲方丁の構成力に震えた!

「携帯型心理診断、鎮圧執行システム、ドミネーター起動しました――」 ドミネーターのアナウンスを聞くと、「サイコパス」が帰ってきたなぁと、私なんかは感慨にふけってしまいます。ドミネーターを握るときの、テンポのよいあのBGMも含めて、サイコパスの世…

『さらざんまい』第11話(最終話)の感想・ネタバレ考察!愛、欲望、過去、現在、未来、全てがつながったとき、次の扉が開く――。

「越えろ! 欲望の河を渡れ!」 ついに最終話を迎えた『さらざんまい』。皆さんはいかがでしたか? 私は大満足でしたよ。第10話まで積み上げてきたメッセージやテーマを見事に集約させながら、ドラマ的にも抜群の構成力で盛り上がりを作り出すことに成功して…

『さらざんまい』第10話の感想・ネタバレ考察!欲望と愛が割れた世界で、欲望と愛をつなぐ陰陽論!

「さら~、さら~、さらざんまい!」 ついにレオとマブが「さらざんまい」で、互いの意識を共有することに成功!しかし、その先に、あんなに悲劇的な結末が待っているとは……。意外な展開だらけの第10話でしたね。 第10話は、これまでひた隠しにされてきた秘…

『プロメア』の感想・ネタバレ考察!今石洋之×中島かずき×異色のアニメションスタジオTRIGGERが映像的快楽の最大値に挑む!3D歌舞伎アニメここに誕生!

「俺の火消し魂に火がつくぜ!」 ついに観てきたぜ!『プロメア』を!お前たちは観たか?魂は震えたか?心の炎は燃え盛ってるか?俺はメラメラ燃え盛ってるぜ!! おっと、すみません。ついつい、ガロの口調になってしまいました。あれだけ凄まじい勢いの映…

『アイ・アム・マザー(I AM MOTHER)』のネタバレ考察と感想!人類の滅亡も人類の再生も、全ては管理されていた!?

主要登場人物が3人。しかも、1人、いや1体はアンドロイドの映画。それが『アイ・アム・マザー』。数あるVODのなかでも、オリジナル映画やオリジナルアニメに力を入れているNETFLIX独占配信の作品。 PVを観た段階で、これは興味深いテーマを扱っている作品だ…

『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』の感想・ネタバレ考察!自閉的ヒロイズムから解放された生駒と、萌え度がアップした無名の魅力に迫る!

「今度こそ俺は……俺の誇れる俺になるんだ!」 この生駒の名台詞から早いもので、もう3年が経過しました。2016年4月からノイタミナ枠で放送されていた『甲鉄城のカバネリ』。『進撃の巨人』でお馴染みの荒木哲郎監督が監督を務めることもあり、放送当時から注…

ニュース番組とワイドショーの違いとは?言葉遣いの違いに注目してみよう!

家にずっといると、ニュース番組やワイドショーを観る時間が増えますよね。私もフリーランスになってから、昼間にふとこうした番組を観る機会が増えたように思います。今日もカップラーメンをすすりながら、他愛のない内容のワイドショーを観ていました。 そ…

「罪悪感」が持つパワーとは?ヒット作に共通する「罪悪感」について考えてみた

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』というアニメをご存知でしょうか? 少なくともアニメ好きなら、必ず一度は視聴しているだろう大人気作品です。秩父を舞台にした今作の人気により、聖地巡礼ブームが全国に広がりました。 私もこの作品の大ファ…

『さらざんまい』第9話の感想・ネタバレ考察!すべてを捨てきれなかった男、久慈誓に残された「愛」とは?

「面倒なもんだなぁ……つながりってやつはよぉ」 「この世界は悪い奴が生き残るんだ」と口にしていた誓(ちかい)が、弟のことを想いながら死んでいく。ああ、そうか誓はいい奴だったんだなぁと、そう考えると涙が止まりませんでした。さんざん悪いことをしてき…

『さらざんまい』第8話の感想・ネタバレ考察!白ケッピと黒ケッピが織りなす陰陽道と、久慈悠が辿る二者択一の人生

「嫌だ、燕太!燕太ーー!!」 第7話を観たとき「おい、燕太なにやってんだよ」と思ってましたが、こうして一稀を庇う姿を見てしまうと、素直に責める気になれないですよね。作り手としても、そういった視聴者の感情を考慮してストーリーを組んでいるのでし…

『さらざんまい』第7話の感想・ネタバレ考察!かまってちゃんの燕太と、人形焼きのマブ

「カーワウッソー」 ようやくカワウソ陣営の親玉が姿を現しましたね。しかも、コミカルな感じで。しかも、黒田崇矢さんの声で。あのフォルムで、あの声で、あのキャッチーなセリフを吐かれてしまうと、いろいろ混ざってきて、純粋に悪役に見えなくなってくる…

あの作品がなぜヒットしたのか説明できますか?「偶然」は再現できないので「必然化」しようという話

『進撃の巨人』が大ヒットしたり、『君の名は。』が興行的に大成功を収めたり、世の中には信じられないほど爆発的な勢いで人気になるコンテンツが存在します。さて、そんなときに、「なぜあの作品がヒットしたのだろうか?」と真面目に考える人が、いったい…

『さらざんまい』第6話の感想・ネタバレ考察!「ア」の中心で「愛」を叫ぶ!現代人を罪悪感から解放する「さらざんまい」!

「春河、僕はもう、お前を諦めたりしない!」 このセリフは、直前の春河のセリフと重なっています。春河はレオに連れ去られる直前、携帯にメッセージを書き残していました。 「カズちゃんが僕にしてくれたこと、すっごくうれしかった。だからね、僕は諦めな…

『さらざんまい』第5話の感想・ネタバレ考察!一稀と春河が現実世界で「さらざんまい」!レオとマブの関係性にも変化が!?

「僕は、僕は、僕を守るために春河を騙したんだ。僕は……」 大粒の涙を流す一稀の姿を見て、同じように涙した人も多いでしょう。 一稀の生い立ちを考えると、胸が締め付けられるセリフですよね。 第5話は、これまで謎だった一稀と家族との関係が明らかになっ…